Strategic Investigation Comprehensive Cancer Network

お知らせINFORMATION

2019年のお知らせ
09.202019

9月24日 Surviving Cancer in Asia スタート

アジアのがんをという事象をめぐるオムニバスの英語の講義です。

今期の授業は、「アジアでがんのUHCの実現は可能であるのか?」という大きな問いを考えるために、個々の講義ごとに、講師ひとりに3つの軸をたてて、問いを設定した。

我々は、UHCの実現のための基盤はデータ整備と考えているため、各講師には、個々の3つの問いに加え、共通の質問として「それぞれの領域でアジアのデータを集めることの課題にどう取り組み、どのような問題を感じているか?」について答えてもらう。ゲノム、AI、ビッグデータ、遠隔医療とがんデータを巡る様々な今日的課題について論じてもらい、日本がいまアジアのがんのUHC実現において貢献しうることを掘り下げていきたい。

This seminar series asks the big and very broad question “Is UHC for cancer in Asia an achievable goal?” To consider this question in detail each lecturer has been set three or more sub-themes or points to address within their allotted lecture.

In order to given consideration to the point that data development is essential as a foundation for achieving UHC, in addition to the three set sub-themes, each lecturer will also be asked to answer the following question: “What should be done and what are the challenges for collecting data in Asia in various sectors of society?” The seminar series will cover various contemporary and timely challenges, including genomic medicine, AI, big data, telemedicine and cancer data. The aim is to further deepen discussion and generate knowledge on how Japan can contribute to the realization of UHC for cancer in Asia.

この講義の狙いとそれぞれの講義の詳細

2019年 講義日程

  • 9/24 What significance do universities have in the era of digital knowledge?
    東京大学大学院情報学環教授 吉見俊哉
  • 10/1 Is UHC for cancer in Asia an achievable goal?
    東京大学大学院情報学環特任教授 赤座英之
  • 10/8 Current status and future outlook for collection of cancer-related data in Asia
    愛知県がんセンター がん予防研究分野 分野長 松尾恵太郎
    国立がん研究センター 国際がん登録協議会IACR 理事長 松田智大
  • 11/5 Cancer care in Asia from the perspective of latest developments in the U.S. pharmaceutical industry
    元バイエル薬品株式会社取締役会長 栄木憲和
  • 11/12 Global data sharing
    慶應義塾大学特別招聘教授 増井徹
  • 11/19 Following up on the G20: What can finance do for cancer in Asia?
  • 11/26 Asia Health and Wellbeing Initiative (AHWIN) and Cancer: What are the prospects for cancer genomics in Asia?
    参議院議員 武見敬三
    国立がん研究センター理事長 中釜斉
  • 12/3 Situation for health workers in aging Asian societies and UHC
  • 12/10 What can public-private partnerships achieve for cancer in Asia?
    塩野義薬品株式会社社長 手代木功

2020年 講義日程

  • 1/7 UICC activities and challenges and outlook for cancer treatment in Japan
    厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課
  • 1/14 AI and Telemedicine: How is technology transforming the horizons for global health?
    浜松医科大学教授 椙村春彦
  • 1/21 What are the benefits of patient engagement and local community health?
    東京大学大学院情報学環特任講師 河原ノリエ
  • 1/28 Student presentations
04.012019

2019年夏講義「アジアでがんを生き延びる」

2019「アジアでがんを生き延びる」夏学期講義日程

火曜日 5限 16:50〜18:35 福武ラーニングシアター 他

※耐震工事が入るため場所は変更の可能性があります。

担当教員:東京大学大学院 情報学環・学際情報学府「総合癌研究国際戦略推進」寄附講座 特任教授:赤座 英之 特任講師:河原ノリエ

座詳細PDFはこちら